間違ったヘアドライに注意しよう

最初は、タオルで余計な水分を拭き取ってください。 タオルで丁寧に水分を拭き取ることで、ドライヤーを使った時に乾かしやすくなります。 長時間ドライヤーを当てると髪に悪影響を与えるので、短時間で済むように水分をしっかり拭き取ってください。 丁寧に髪を扱いましょう。

順番通りに乾かすこと

髪の毛を乾かす際は、順番が決まっています。 最初は、前髪を乾かしましょう。 前髪が乾いたら、次は頭の頂上を乾かします。 また、ここからドライヤーを使っていきます。 熱風が出るので、髪の毛に至近距離で当てたり、長時間使用したりするのは控えてください。

最後に乾かす部分とは

前髪や頭の頂上が乾いたら、今度は根本を乾かしてください。 乾きにくい部分なので、丁寧に風を当てましょう。 最後は髪の表面です。 表面まで綺麗に乾かすことで、ツヤが出ます。 綺麗な髪を目指す時は、表面までしっかり乾かしてください。 髪が乾いたら、ブラッシングをしましょう。

いきなりドライヤーは使わない

髪を洗ったら、自然乾燥させることは絶対にしないでください。
悪い影響を与えるので、髪が汚くなってしまいます。
まずはタオルで、水分を拭き取りましょう。
水分を拭く時は、優しく髪を触ってください。
乱暴に髪を扱うと、キューティクル層が破壊されます。
髪が汚くなる大きな原因は、キューティクル層が壊れることなので、水分を拭きとる際は優しく触ってください。
タオルを髪に巻いて、放置するのもいけません。
水分を拭き取ってくれそうですが、髪にクセがついてしまいます。
手早く水を拭き取り、乾かす段階まで持っていきましょう。

大体の水分をタオルで拭き取ったら、次は温風で髪を乾かします。
髪を乾かす時は、順番があります。
最初は前髪から、乾かしてください。
ドライヤーからは、かなり温度の高い風が出ます。
前髪に、長時間当てることはしないでください。
また、至近距離で熱風を当てるのもいけません。
前髪が乾いたら、次は頭の頂上を乾かします。
この時は、ドライヤーの風をうしろへ送る感覚で当ててください。

次は、髪の毛の根元を乾かします。
頭の全体に、ドライヤーの風が当たるように動かしましょう。
根元が乾いたら、最後に表面を乾かします。
表面を乾かすことで、髪の毛にツヤが生まれます。
手は、上から下に動かしてください。
逆に動かすと、キューティクル層を破壊してしまいます。
ドライヤーで乾かし終わったら、ブラッシングをして終了です。
ブラッシングも髪を乾かす時と同じで、優しくすることを心がけてください。