間違ったヘアドライに注意しよう

優しく扱うことを意識する

タオルを使って髪の水分を拭き取る際は、乱暴にしないでください。
雑に髪を扱うと、キューティクル層が壊れてしまいます。
綺麗な髪を維持する時は、このキューティクル層が非常に重要な役割を担っています。
キューティクル層を壊さないように、丁寧に水分を拭き取ってください。
強い力を入れ髪の毛を拭くと、早く水分を吸収できると考えている人が見られます。

確かに水分は早く吸収できるでしょうが、代わりに髪の毛の状態が悪くなります。
綺麗な髪にするため、ヘアドライを一生懸命やっている人が多いです。
それなのに、間違ったヘアドライが原因でさらに髪を傷める結果になったら意味がありません。
余計な力は入れないで、髪の毛に触れてください。

クセがつかないようにする

タオルで丁寧に水分を吸収するのが面倒だからと、タオルを頭に巻いて放置する人が見られます。
ですがその方法は髪の毛にクセがつくので、あとでスタイリングしにくくなってしまいます。
タオルは、頭に巻かないでください。
髪にクセがつくと、戻すのが大変です。
綺麗な髪にはならないので、タオルは巻かないで水分を拭き取りましょう。

また、髪を洗ったらすぐに乾かしてください。
自然乾燥させることも、髪にクセがつく原因になります。
お風呂に入って、髪を洗う人が多いと思います。
その場合は、お風呂から上がったらすぐに水分を拭き取りましょう。
お風呂上がりは少しゆっくりしたいかもしれませんが、髪を綺麗にすることを優先して行動してください。


この記事をシェアする