最後に乾かす部分とは

最後まで気を抜かないで乾かそう

髪の根元を乾かす時は、ムラができないよう平均的に乾かしてください。
乾いている部分と、乾いていない部分があると髪にダメージを与えます。
同じ場所にばかりドライヤーの風を当てないで、全体に風が行き渡るよう動かしてください。
根元が乾いてもまだ終わりではありません。
最後は表面を乾かします。

表面を乾かす際は、手を上から下に動かすのがポイントです。
キューティクル層は上から下に向かって生えているので、逆らわないでください。
キューティクル層に逆らって髪を乾かすと、髪を傷つけます。
表面まで乾かしたら、ドライヤーの出番は終了です。
丁寧に作業すれば、髪の毛にはツヤが出ていると思います。
毎日そのように、ヘアドライをしましょう。

ブラッシングの仕方

髪を乾かし終わったら、最後にブラッシングをしてください。
擦ると髪がサラサラになります。
ブラッシングをしないままでは、癖がつく可能性があるので、必ずブラッシングをしてください。
髪が長い人は、毛束を前に持ってきてブラッシングをしましょう。
ブラッシングも、髪を乾かす時と同じです。
強い力入れないで、丁寧に髪をとかしましょう。

せっかく優しく髪を乾かしてダメージを与えていないのに、雑にブラッシングしたことが原因でダメージを与えたら綺麗な髪にはなりません。
ブラッシングもヘアドライの一部です。
丁寧に作業することを心がけてください。
時間がないと、雑にブラッシングを終わらせる人や、全くしない人がいます。
しかし大切な作業なので、時間を確保してください。


この記事をシェアする